「腋臭」と汗の臭いは同じだと思われることも

「腋臭」と汗の臭いは同じだと思われることも多いようですが、「腋臭症」と多汗の臭いはそれぞれ違います。「わきの汗の臭い=腋臭症」は誤認です。

ワキガ臭が発生する起因は、 その人の体質との繋がりが強いので、思い悩んでいるならば、ひとまず、 本当にワキガかどうかをチェックすることが大切です。

「アポクリン腺」という脇にある 汗腺が活動的なのが、腋臭症体質の人が持つ特性です。わきガに罹っているならば日ごろから肌を綺麗に保つよう心がけ、黴菌が繁殖するのを阻止しましょう。

ワキに香りが閉じこもったり、拡散されたりすることを防止するために、腋毛を除毛するのもいい方法です。

肉類を節制し食生活を野菜中心にするのもアポクリン腺の活性化を抑えます。

さらに、リンゴに含有される繊維質はアポクリン腺内にあるアポタンパクの増殖を阻止し、匂いの発生を防ぐ役割を備えています。日本人は1割の確率でワキガを持っているといわれています。ヒトの肉体には「アポクリン腺」と「エクリン腺」と呼ばれる2種類の「汗腺」が存在します。

ワキの下やバストトップ、おへそ、生殖器、臀部や耳の周りのような、肉体の一部分に限って存在する「アポクリン腺」から湧き出る汗には、糖質や脂質、アンモニアなどで構築されており、皮膚の常在菌が増加しやすい条件が整ってしまいます。

わき臭に悩むのであれば、外出前には、制汗剤をワキに付けてみましょう。

使った後、制汗剤を乾かすと、より効き目を感じることが出来ます。

わきの汗や臭いの予防には、噴霧器型や粉末状などの、さっぱりとしたサラサラ感のあるものがおすすめです。

急にあせが出た際は拭き取りタイプのシートを備えておきましょう。

デリケートな部位の匂いに悩みを抱える女性は多いですが、現実はほぼ「勘違い」か「意識過剰」であり、服を着ているときに他人が感じるほどのニオイがするような人は、滅多にいないということです。

そもそも、必ず股部からは臭いが放たれるものなのです。性差や年齢差に関わらず、どのような人でも 若干の臭いがあるのです。脇臭の改善策といえば、第一に全身を綺麗に保持すること。

汗からの分泌物であるアンモニアや皮脂などと菌類などが合わさった時生まれるニオイは、身体を清潔にするだけで防ぐことができます。次に、衣服の清潔。直に肌に触れる衣服は猶更清潔に保つことが大切です。

汗をかいたときのために、替えのインナーウエアを一枚用意しておくことを推奨します。陰部周りが無臭な人はいないでしょう。

老若男女、皆が若干のにおいを持っています。 さらに匂いは さまざまで差が生じるのはあたり前です。

それを、「クサい」などと思いやりのないコメントで非難してくるような男性がいるとしたら、それは彼のほうが浅はかです。

その考え方は誤った考えだと言わないわけにはいきません。もしも、デリケートな部位のにおいで悩んでストレスに感じるようだったら、手始めに恋人に意見を求めることが重要です。「私から気になる臭いを感じる?」と。

「大丈夫だよ。逆に君の匂い大好き!」と告げられたら、「私こそあなたの臭いが好きよ」と笑顔で喜びましょう。

お互いが臭いに過敏になって性行為をしないのは寂しいことですよね。

不安やストレスを抱え込んでいる時、 「ワキの臭いが気になってたまらない」と思い込んでしまう人もいます。

「実際自分は臭うだろうのか?」「もしくは神経質になりすぎなのか?」その判断をするために、心許せる友人に、ニオイを嗅いでもらうとか、「私の脇のニオイは普通?」と尋ねてみましょう。

それも難しいという場合は、専門家へ出向き、解決策を聞いてみましょう。性別に関わらず、恋人に嫌われたくないという気持ちから、自分自身の体臭を心配する人が増えてきているようです。

神経質になりすぎて、精神的な負担を感じている方もきっといるでしょう。

カラダを常に綺麗にし、 防臭するやり方は様々です。

自分にあった予防法、 予防法を見つけ出すことで、においに起因する負担をきっと抑えることが出来るでしょう。腋臭の漏出を抑制する『すりりんごシップ』は、ふきん布で擦りりんごを包み込み、湿布を貼るときと同様にワキに当てるだけで容易に効果を得ることができますから、試すことを勧めます。

①皮付きの林檎一個を洗い、残さず全て擦りおろす。②すりおろしたリンゴをガーゼなどで包み、果汁を絞る。

③搾りカスをハンカチで包み、両ワキの下に5分間挟む。

女性器のにおいに不安があるとき、石鹸やビデで膣を洗いすぎるのは逆効果です。

膣内を雑菌から守っている善玉菌まで殺さぬように、強くこすり洗うのではなく外側のみをソープの泡で優しく洗ってから、さっとお湯で洗い流しましょう。

木綿や絹等の素材からできている、通気性が出来るだけ良い下着を使用し、月経期間中はなるべくナプキンを取り換えると良いでしょう。

滅多にいませんが、ワキガ臭が性器周りから漂う「すそワキガ」体質の人もいないわけではありません。

ネバネバしたキャラメルタイプの耳垢を持つ人は「すそわきガ」である可能性が高いでしょう。

しかし、こちらの体質はわきガと同じで適切な療法により臭いを緩和できますから、ひとりで悩まずに 専門医に相談してみてください。