ワキガ臭の発生をブロックする『擦り林檎湿布』は、

ワキガ臭の発生をブロックする『擦り林檎湿布』は、擦りおろしたリンゴをコットン生地で包み、湿布を貼る感じで腋に当てる手間だけで簡単に効能を感じることが出来ますから、試す価値は十分あるでしょう。①リンゴ一個をよく洗い、皮つきのまま、まるごとすりおろす。②すりおろしたリンゴを木綿布などでまとめ、水気がなくなるまで搾る。③水気を切ったリンゴをタオルで包み、両ワキに5分間当てる。

以下の項目に多くあてはまる人は高確率でワキガに罹っています。

腋の毛量が多く、女性であればはワキ毛が濃い。

衣類や下着のワキの部分が黄ばんでいる。

両親が脇のにおいである。または両親のどちらかの耳アカが湿っている。

他の部位よりワキの下からの発汗量が多い。

汗が粘っこくサラサラしていない。

食生活は肉類や乳製品などが中心で植物性よりも動物性タンパク質を多く摂っている。

デリケートゾーンのにおいが気になるからといって、石鹸やビデで膣を洗いすぎるのは逆効果です。

ざっ菌の侵入から膣を守る常在菌の働きを邪魔しないように、ごしごしとこするのではなく外側のみをソープの泡で優しく洗ってから、さっとお湯で洗い流しましょう。

木綿や絹等の素材からできている、通気性が出来るだけ良い下着を使用し、月経中はこまめにナプキンを交換するように心がけましょう。

脇臭に不安を持っている人は、身支度時に、脇にデオドラント剤をつけることを勧めます。

使用時に、デオドラント剤を乾燥させると、さらに大きな防臭効果が得られます。

脇の汗や臭さを軽減するのには、スプレータイプやパウダータイプなど、さらさらとしたタイプであればより効果が期待できます。

突然アセが出たら拭きとり型のウェットシートを持っておくと良いでしょう。

発汗直後であれば汗は臭いません。

汗を放置することが臭いの原因になります。汗が出るたびこまめに拭き取るように気を配りましょう。

タオルやハンカチは乾燥しているものより可能なら湿ったタオルを使い拭き洗いするのが何よりも臭いの発生を防ぎます。

好きなアロマの化粧水や、れもん水などを付けたタオルで拭き取れば、よりすっきりするでしょう。体臭、とりわけワキの臭い……。

「発汗時のニオイで困ってます」という人、少なからずいるのではないでしょうか?多少の発汗でも「もしかして……」と不安が過ぎることも。

実際はそれ程強烈な体臭でないのに苛む人も少なくないのです。でも、ほんとうに周囲の人に迷惑をかけていないのか、 嫌われるような悪臭がしていないかと、 匂いに不安を感じている人にとっては重たい課題ですよね。

メンタル的に苦しんでいると、 人は「ワキからの臭いが気になって仕方ない」と過敏になることがあります。

「自分は他人からどう感じられているのか?」「もしくは神経質になりすぎなのか?」その答えをだす為に、親友やパートナーに、においを確認してもらうとか、「私の脇のニオイは普通?」と尋ねてみましょう。それをやりづらいと思う人は、皮膚科などで検診し、悩みを伝えてみてはいかがでしょうか? においの要因には、汗・皮脂・垢、そしてバイ菌があります。 生み出された皮脂や汗は、すぐには臭いを発しませんが、放置することで皮膚で雑菌が増殖し、皮脂や脂に含まれる脂質や蛋白質、アミノ酸などの成分が反応しあい、悪臭を生じさせるのです。あるいは、病気に起因する特徴的なニオイをもつ人もいます。肌の綺麗さを心がけているのに、体臭が鼻につくような時は、病院へ行き、医師に相談するべきです。

腋臭の予防方法というと、第一に全身を綺麗に保持すること。

汗に含有されるアンモニアや皮脂などの成分と雑菌などが混ざることにより発生する体臭は、清潔に保つことで予防ができます。

さらに、衣料品の清潔さも大切です。直に肌に触れる衣服は猶更洗濯をし綺麗にしておきましょう。発汗時に備えて、備えていた替えの肌着に交換するのも 良い対策方法です。男性に指摘される前から自分でデリケートな部位のにおいに気付き思い悩む女性は少なくからずいます。

特に月経最後あたりでおりものが茶褐色になっている時期は特に強い臭いが鼻につくケースも。日々の生活でも脱衣時に、鼻につきささるような悪臭を感じるようでしたらレディースクリニックに相談すると良いでしょう。

デリケートな部位のにおいに悩んだら、 消臭ケアだけでなく、 健康面も見直してみてくださいね。ストレスが溜まる不安定な生活、 健康的でない食生活と運動不足。やたらと喫煙や飲酒をする不健康な生活習慣は、汗や皮脂といった成分が変化し、塩分・糖分・肉類の多い食生活が、きつい体臭を引き起こすと言われています。肉類やチョコレートといった、動物性蛋白質や脂肪の割合が多い食べ物を我慢し、腸内環境を改善するようなバランスの食事を摂るようにするとよいでしょう。

体臭の中でも特に脇臭は、「汗をかくと臭う気がして、なやんでいます」という人、少なからずいるはずです。

ワキガはワキの下にあるアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺という3つのアセのもとに含まれる成分が皮膚表面の細菌によって分解され発生するニオイのこと。いわゆる腋臭症持ちは、特にアポクリン腺が発達しやすく数も多いので、ここから多く分泌されているのです。

「腋臭症」と体臭は同一視されることもあるようですが、「ワキガ」と汗からくる体臭は異なります。

「脇の臭い=ワキガ」という認識は間違っています。

腋臭のきっかけは、 その人の体質自体が大きく関わっているので、悩んでいる人はまず、 本当に腋臭症かどうか専門家の意見を聞くべきです。 わきにある「アポクリン腺」という 汗腺が活発化しやすいというのが、ワキガ体質の人の特徴です。