女性器のニオイについて不安を持

女性器のニオイについて不安を持つ女性は大勢いますが、ただし、健康な時とは異なる強烈な異臭のオリモノが分泌されたり、普段とは違う色のオリモノが出たりした場合は、膣炎や性病を患っているケースも見受けられます。気づいたらすぐ婦人科に診てもらいましょう。

体臭、なかでも脇臭……。

「発汗とともに臭いだすのが悩み」という人、少なからずいるのではないでしょうか?ちょっと汗をかいただけで「もしかして……」と不安が過ぎることも。

実際はそんなに体臭はきつくないのに悩んでいる人も多いのです。されども、現実、人に不快感を与えていないか、気づかれる程の異臭ではないかと、 においに悩みを持つ人にとっては大きな課題ですよね。

ワキ臭が気掛かりならば、出かける前に、制汗剤を脇に塗りこみましょう。

つけた後、デオドラント剤を乾燥させるようにすると、ますます防臭作用が働きます。

脇の汗や臭さを軽減するのには、スプレータイプやパウダータイプといった、さっぱりとしたサラサラ感のあるものがおすすめです。

汗は突発的に出るので拭きとり型のウェットシートを持っておくと良いでしょう。

希少なケースではありますが、性器周辺にワキガ臭が発生する「外陰部臭症」を患う人も稀に存在します。ねばねばしたキャラメル状の耳垢が出る人は「外陰部臭症」である可能性が考えられます。しかし、こちらの体質はわきガと同じで適切な治療を受けることで 臭気を和らげることができますから、ひとりで悩みこむ前に 専門医院で相談しに行くことを勧めます。

下記の条件に多くあてはまる人は高確率でワキガに罹っています。腋が毛深く、女性ならば腋毛が剛毛。

衣類や下着を着た後、わきの一部が黄ばみで汚れている。

両親がわきガを持っている。または両親のどちらかの耳アカが湿っている。

他の部位よりワキの下からの発汗量が多い。粘性がある汗がでる。

肉類や乳製品などをよく食べ、動物性蛋白質がバランスの大半を占める。ワキガのもとは、 汗と混ざったバイ菌です。脇は毎日必ず洗って下さい。

朝に出かける前と、帰宅してお風呂に入るときに、体臭に効き目をもつ石鹸で洗うとますます効果がでます。

インナーは発汗・吸水・乾燥面が優秀なコットン素材のものを身につけましょう。通気性をよくするために締め上げるようなインナーの使用は気を付けましょう。女性器の臭いに 悩みがあるとき、石鹸やビデで膣を洗いすぎるのは逆効果です。

雑菌の侵入を防いで、膣を守っている常在菌まで殺してしまわないように、強くこすり洗うのではなく外側だけを石鹸の泡で優しく洗い、お湯で濯ぎ流すように心がけましょう。木綿や絹等の素材からできている、なるべく蒸れにくい下着を身に着けるようにして、月経期間中はなるべくナプキンを取り換えるようにしましょう。異性に何か言われる前に自分でデリケートな部位のにおいに気付き思い悩む女性は少なくからずいます。

特に月経終盤時の濃い色味の分泌物が付着する期間はさらなる異臭が生じることも。

日常生活でも下着を脱いだとき、あまりにも臭いがきついなと感じるようでしたらレディースクリニックに相談すると良いでしょう。

股部から悪臭する際はニオイ予防をしつつ、 健康面も改善していくと良いでしょう。

万が一、股部の異臭に悩み精神が追いつめられているなら、まずは身近な異性にアドバイスを求める事を勧めます。「私の臭いに問題はない?」と。

「平気だよ。

むしろ君のにおい大好き!」と返されたら、 「私こそあなたの臭いが好きよ」と笑顔で喜びましょう。

お互いが臭いに過敏になって体を重ねることがなくなるのは悲しいことですよね。体臭の原因として、汗・皮脂・垢、そして雑菌が挙げられます。

生み出された皮脂や汗は、すぐに臭いが発生する訳ではなく、放っておくことで皮膚上に雑菌が蔓延り、皮脂や脂に含まれる脂質やタンパク質、アミノ酸などの成分が酸化、分解されて、悪臭を生じさせるのです。または、病気のせいで独特の臭いを放っている人もいます。

肌を清潔に保っていても、体臭が鼻につくような時は、医師に相談することをおすすめします。

ストレスを抱えた乱れた生活習慣、 健康的でない食生活と運動不足。喫煙や過度な飲酒など乱れた生活習慣は、アセや皮脂の成分が変わり、塩や砂糖・肉が中心の食生活が、体臭の原因のひとつとなっています。

肉やチョコレート菓子など、動物性蛋白質や脂肪の割合が多い食べ物を我慢し、体質改善を目指した食生活を摂るようにするとよいでしょう。

普通、噴出型の制汗剤には、 アポクリン腺の汗を抑制する効果はあまりありません。ワキガ臭の予防策として強力な抗菌殺菌効果を持ち、肌に直接塗れるロールオン状やスティック状、クリーム状などを選ぶとより効果を感じられます。忘れてはいけないのが、無臭や無香性の商品を選択することです。

制汗剤の香料がわき臭と混ざったとき、周りにとってはますます不快な臭いに発生することもあるからです。ワキガと遺伝は強く因果し、二親のうちどちらかが脇のにおいなら5割、2人ともわきガの際は75%の確率で子どもにも体質が受け継がれるとされます。

もしくは、両腋ではなく片側限定でわきガの場合もあります。一般論として、匂いはホルモンと深く関係するため思春期以降から強くなっていくようです。ワキガの人は、アソコノの臭いや足のニオイなども 悩むことが多いようです。